身近にてんかんの患者はいませんか?~てんかんの事を正しく理解しましょう~

てんかんと聞くと、てんかんの患者が交通事故などを起こして報道されて嫌なイメージかもしれませんが、周囲の人が正しく理解して正しく向き合えば、互いに気持ち良い関係が築けますし、事故などの危険も回避できます。

てんかんと造影剤と種類についてとは?

てんかんを持っている方は、突然意識を失うことがあります。
これは、脳のドーパミンなどとも関係があるとされており、また、てんかんをお持ちの方のケースでは、CTMまたは脳波などを調べると、一般的にてんかんがない方と比べて、脳波などが違うとされています。
また、画像で調べると、やはり同じように画像にも違う結果が示されているとされています。

てんかんの種類にはいくつかあり、光などがとても苦手な方もおられます。

現在のテレビでは、あまり影響がないように製作がされていますが、連続した光などが交互に現れるなどのショック現象を見ると、てんかんをお持ちの方の場合には、このような連続した光で気を失ってしまうことがあります。

そのため、木漏れ日を眺めていた子供たちが、突然、学校などで意識を失ってしまった、または保育園や幼稚園で、突然意識を失ってしまった、ということもあります。

また、点頭てんかんなどについては、後々に、障害などが出てしまうケースがあるてんかんですが、この場合には、赤ちゃんの時に、頭を深くお辞儀をするように行動を起こすとされています。ただ、ほとんどの方が気づかないとされています。

このように様々な種類があります。

そして、てんかんをお持ちの方の場合には、造影剤を使った検査などを行う際には、必ず医師や看護士に自分が病気を持っているということを説明しなければなりません。

このような病気をお持ちの方のケースでは、造影剤を使った検査で、悪い影響が出るとされており、病気を誘発してしまう可能性などがある、とされています。
そのため、必ず、造影剤を使う予定のある検査では、事前にこのようなことを伝えておく必要があるとされています。